サイトメニュー

プチ整形で小顔になろう

女性

最も手軽な小顔整形

ボトックス注射は小顔整形の中でも最もリスクが少ない施術法と言われており、多くの患者さんから選ばれています。顔を小さくする小顔整形には色々な施術法がありますが、ボトックス注射の場合はエラの筋肉を小さくすることで、小顔になれるというのが特徴です。エラ部分には咬筋という筋肉があり、歯を食いしばるクセがあったり硬い食べ物を食べることが多いという人は、咬筋が大きく発達します。筋肉が大きくなればなるほど、その部位も大きく見えるので咬筋の発達によってエラが張り結果、顔のサイズがアップするのです。咬筋に直接ボトックス注射を行うことによって、筋肉の動きが抑えられ過剰な発達が予防できるので、エラ張りも解消され顔も小さく見えるようになります。メスを使わない手軽なプチ整形で人気ですが、施術を受ける際にはいくつか注意したいポイントもあるようです。まず、施術を受けてから約3日間程度はお風呂やサウナに入る、また運動といった行為は行わないようにしましょう。ボトックス注射で使用するボツリヌス製剤は、とても熱に弱いと言われており身体を温める行為によって、効果が薄れてしまう危険性があります。さらに身体を温めることによってボツリヌス製剤を注入した部位に、内出血が起こりやすくなるので気を付けましょう。お風呂やサウナ、運動以外にもアルコールの摂取も身体を温めることになるので、術後3日程は避ける必要があります。ボトックス注射は定期的に施術を受けることで小顔をキープできますが、注射をする感覚は3ヶ月開けるのも気を付けたいポイントです。頻繁に施術を受けたことで稀に、ボツリヌス製剤に耐性ができ効果が出なくなるという人がいるためです。
美容整形で小顔になりたいという場合、メスを使わないプチ整形かメスを使う美容整形か、どちらか選択することになります。例えばエラ部分が張っていて顔が大きく見えるという場合では、「ボトックス注射」というプチ整形か「骨削り」という美容整形から選ぶのが一般的です。ボトックス注射は筋肉の動きを弛緩させる特殊な薬剤を、エラ部分に注入して咬筋という筋肉を小さくするという作用があります。咬筋が小さくなることによってエラ張りが軽減され、顔の輪郭がシャープな印象になるのがこのプチ整形の特徴です。骨削りは文字通り、骨自体を削って骨格レベルで顔を小さくするという美容整形の1つで、外板という骨を削り取っていきます。骨格レベルで顔が小さくなる骨削りは小顔効果が絶大で、また半永久的に美容整形の効果が続くのが特徴です。ただし、骨を削るという手術は美容整形の中でも難易度が高いもので、医師によって仕上がりが大きく左右されてしまいます。また術後のダウンタイムも強い腫れや痛みといった症状が数週間にわたり、完全に回復するまでに数か月を要するケースもあるようです。一方、ボトックス注射はというとメスを使わないプチ整形ということもあり、小顔の効果が持続するのは約1年程度と言われています。持続効果においては骨削りのほうが上ですが、ボトックス注射はダウンタイムがほとんどなく、すぐに日常生活に戻れるという利点があります。小顔整形を受ける際は持続期間や効果などの他に、ダウンタイムも考慮してチャレンジしやすい方法を選ぶと良いでしょう。